ランサムウェア

ランサムウェア「GandCrab」、2種類のエクスプロイトキットで拡散--Malwarebytes報告

Danny Palmer (ZDNET.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)

2018-02-01 13:08

 新種のランサムウェアが出現した。多くのランサムウェアと異なり、2つのエクスプロイトキット(うち1つは姿を消したと考えられていた)によって拡散され、やや知名度の低い暗号通貨での支払いを要求する。

 米国時間1月26日に初めて確認されたランサムウェア「GandCrab」は、2つのエクスプロイトキット「RIG EK」「GrandSoft EK」によって配布されていることがわかった。セキュリティ企業Malwarebytesの研究者が詳細を報告している。

 GandCrabは、RIG EKを通じて配布されている。このRIG EKは、「Internet Explorer」や「Flash Player」の脆弱性を突いて、JavaScriptやFlash、VBscriptをベースにした攻撃を開始し、ユーザーにマルウェアを配布する。

 「Princess」というランサムウェアに利用されたのと似たような攻撃方法で、感染したウェブサイト上のマルバタイジング(悪意ある広告)を使ってRIG EKがGandCrabを拡散することはありえる。

 GandCrabの配布には、すでに消滅したと考えられていたGrandSoft EKも利用されている。

 被害者のシステムに入り込んで実行されると、GandCrabは概ね他のランサムウェアと同じような振る舞いを見せる。RSAアルゴリズムを用いてWindowsファイルを暗号化し、ファイルの暗号解除に必要な「GandCrab Decryptor」に対する支払いを要求するのだ。

 暗号化されたファイルには「.GDCB」という拡張子が付き、こうした方法で設計された暗号化を繰り返し、最終的にはドライブ上のすべてのファイルに影響を及ぼす。

 だが、多くのランサムウェアと違って、GandCrabはビットコインではなく「Dash」という暗号通貨での支払いを要求する。

 「身代金」として要求されているのは1.5Dashで、数日以内に支払われなければ3Dashに倍増される。

 現在のところ、無料でGandCrabの暗号を解除する方法はない。被害を避けるには、エクスプロイトキットが突く脆弱性を感染サイトからランサムウェアを配布するのに利用されないように、ソフトウェアのすべてのアップデートとパッチを適用するのが最良の策だ。

ランサムウェアGandCrab
提供:Malwarebyes

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]