編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

所沢市役所、インターネット分離で全職員が利用するVDIを導入

NO BUDGET

2018-02-05 09:54

 所沢市役所は、全職員約2100人が利用するインターネット分離によるセキュリティ強化を目的として、1000台規模の仮想デスクトップ環境(VDI)を導入した。これを構築を手掛けたネットワンシステムズが発表した。

 同市が導入したセキュリティ強化の仕組みは、画面転送型の仮想デスクトップ。これを活用することで、インターネット接続環境と業務システム環境を分離し、重要情報の外部流出を防ぐ。2017年6月から稼働している。

 具体的には、ウェブ閲覧/メールなどのインターネット接続が必要な業務はVDI上でのみ許可することで、仮にサイバー攻撃を受けても業務システム側で取り扱うデータに影響が及ばないようにした。さらに、このVDI環境では、業務効率向上の観点からオールフラッシュストレージを、また、セキュリティ強化の観点からSDN(Software Defined Network)を採用している。

 オールフラッシュストレージの採用で、体感速度の大幅な向上と故障率の低減を実現するとともに、取り扱うデータを常時暗号化した。またSDNの採用で、VDI単位でのファイアウォール適用(マイクロセグメンテーション)、ならびにマルウェアに感染した仮想デスクトップの自動隔離をセキュリティ対策ソフトとの連携で実現し、感染の拡大を防いでいる。


所沢市役所が導入した仮想デスクトップ環境の概要

 主な導入製品は以下の通り。

  • ネットワーク仮想化ソフト:VMware NSX
  • 仮想デスクトップソフト:VMware Horizon
  • サーバ仮想化ソフト:VMware vSphere
  • サーバ:Cisco UCS
  • オールフラッシュストレージ:Pure Storage FlashArray//M、Dell EMC Unity
  • セキュリティ対策ソフト:Trend Micro Deep Security

 なお、これらVDI環境の設計・構成は、ネットワンシステムズでの運用経験や豊富な導入実績をもとにしており、コスト・性能を最適化しているとのこと。所沢市役所 経営企画部 IT推進課の花形言二郎氏は、「高度化するサイバー攻撃の脅威を踏まえ、重要情報をより強固に守るために、セキュリティを強化した。従来のPC環境よりも体感速度が大きく向上したことを実感しており、情報流出対策のみならず、業務効率の改善にもつなげることができている」とコメントしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]