編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

アップルとシスコ、サイバー保険を提供へ--アリアンツらと提携

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2018-02-06 10:04

 AppleとCisco Systemsは米国時間2月5日、両社の製品を使用する法人顧客がサイバー保険を安価で利用できるよう、保険会社Allianzとリスク管理企業Aonとのパートナーシップを締結したと発表した

 その狙いは、セキュリティ技術とセキュアなデバイス、サイバーセキュリティ分野の専門知識、サイバー保険を組み合わせることで、ランサムウェアやマルウェアといったサイバー脅威に対処する、より効率的かつ安価な手段を企業に提供することだという。

Apple
提供:Apple

 ただし、この保険を利用するためには「Cisco Ransomware Defense」ソリューションと、Appleの特定ハードウェア製品を使用する必要がある。

 Cisco Ransomware Defenseには、電子メールにおける高度なセキュリティや、エンドポイントの保護、悪意のあるウェブサイトのブロックなどの機能が含まれている。一方Appleは、「iOS」デバイスにおけるハードウェアとソフトウェア、サービスの統合によって、各コンポーネントは信頼できるものとなっていると記している。

 Appleは「ユーザーは、ハードウェアによる常時暗号化とともに、Transport Layer Security(TLS)といったセキュアなネットワークプロトコルのサポート、すぐに使えるVPNというメリットを享受できる」と記している。

 また、今回新たに提供されるソリューションでは、顧客が個別のリスク分析や、免責金額の減免というメリットを手にするとともに、サイバー攻撃を実際に受けた場合には、CiscoとAonによるインシデント対応とサポートサービスを利用できるようになっている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]