編集部からのお知らせ
EDRの記事まとめダウンロードはこちら
電子契約の記事まとめDLはこちら
日本株展望

急落後の日経平均--NYダウ反発で戻りを試す展開へ - (page 3)

ZDNet Japan Staff

2018-02-07 11:15

NYダウが下げ止まれば日経平均への外国人の売りも収まると考えられる

 今回の急落の震源地は米国株だ。米長期金利上昇で適温相場が崩れる懸念がNYダウの急落につながった。

 今のところ日本の景気が好調という状況に変わりはなく、発表中の10~12月決算も好調であることを考えると、NYダウが下げ止まれば日経平均はもう一度、上値トライする可能性もある。

 6日のNYダウは567ドル高の2万4912ドルと反発した。今日の日経平均は急反発が予想される。

目先は2万1610円を下値、2万3000円を上値とするボックス推移か

 日経平均は企業業績が好調な中、かなり乱暴な売りで急落したので、今日は大きく反発する見込みだ。ただし、2万2000円を超え、2万3000円が近づくと戻り売りが増える可能性もある。日経平均は目先、2万1610円を下値、2万3000円を上値とするボックスで推移すると考えられる。

 最終的に日経平均が再度上値をトライできるか否かは需給だけではなく、ファンダメンタルで決まる。現在発表になっている10~12月決算は好調である。決算については後日報告する。

もっと読む--おすすめのバックナンバー

 過去記事は、キーワード「日本株展望」から読めます。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    IT部門責任者が理解すべき「コンテナとKubernetes」の基礎を網羅

  2. コミュニケーション

    Zoomなどオンライン商談による「ちょっとだけ打ち合わせ」の威力とは?新しい売り方の教科書が登場!

  3. クラウドコンピューティング

    データ活用のためのハイブリッドクラウド基盤構築-データプラットフォームに求められる12の要件

  4. 経営

    脱パスワード 不便と不安を取り除くSSO-メリットと導入方法、ADやM365との連携を解説

  5. コミュニケーション

    事例:9割の業務の段取りを効率化、個人スキル依存から脱却したDFE社のタスク管理改善術

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]