NEC、IoTサービスを自動分類--データ通信の特徴をAIで解析

NO BUDGET

2018-02-09 10:47

 NECは2月7日、データ通信の特徴を人工知能(AI)で解析し、各種IoTサービスを自動分類するソリューション「Context-aware Service Controller」を提供開始する。通信事業者を主なターゲットにする。今後3年間で世界20社以上の提供を目指す。

 Context-aware Service Controllerは、同社の機械学習ソフト「NEC Advanced Analytics - RAPID機械学習」を用いてデータ通信の時系列情報から特徴を抽出。IoTサービスごとに自動分類し、通信網の利用状況を可視化する。

 サービス分類のための事前設定作業を軽減する。データが暗号化されていても対応可能だとしている。分類されたサービスごとに通信網の帯域幅や優先度を制御できる仕組みになっている。

 NECでは、IoTサービスはそれぞれの要件の違いからデータ通信の特徴が大きく異なっており、それらを単一の通信網でサービスを提供するには、有限の通信資源を各サービスに適切に割り当てる必要があると説明する。

Context-aware Service Controllerの概要図
Context-aware Service Controllerの概要図(出典:NEC)

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]