編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器
日本株展望

世界同時株安とビットコイン暴落--バーゲンハンティングの好機?

ZDNet Japan Staff

2018-02-09 12:00

今日のポイント

  1. 「ワイルドマンデー」の株価急落の主役はアルゴリズム取引?
  2. 暴落したビットコイン相場は「半値八掛二割引」で反発?
  3. 国内株式は株価急落で「割安感」が鮮明となった

 これら3点について、楽天証券経済研究所チーフグローバルストラテジストの香川睦氏の見解を紹介する。

「ワイルドマンデー」の株価急落の主役はアルゴリズム取引?

 今週は5日に米国のダウ平均株価(NYダウ)が前日比1175ドル下落し(下落率は▲4.6%)、世界同時株安につながった。ダウ平均の下げ幅が史上最大だったことでメディアの一部は「暴落」と報道したが、下げ率としては1900年以降の「ワースト100位」にも入らない108位で「急落」との表現が妥当である。

 とはいうものの、5日は引け間際の15分で約700ドル下落し、下げ幅が一時1597ドルに広がったことで「ワイルドマンデー」と呼ばれている(AP報道)。

 米長期金利上昇が相場下落の契機だったが、アルゴリズム取引(コンピュータ取引)の一種である「ボラティリティ売り(Volatility Short)」(相場の低ボラィリティが続くと見込んでいた手法)の巻き戻しによる株式売りが相場波乱の主役とされている。下の図表1が示すように、低位安定を続けてきたVIX指数(通称「恐怖指数」=投資家による先行きの相場変動見通しを示す)は5日に一時50ポイントまで急上昇。ボラティリティ上昇による損失拡大を警戒したファンド筋が株式売りを急いだことが相場波乱の要因である。

 実際、東証上場の「VIX指数と反比例する投資成果を目指すETN(上場投資証券:東証コード2049)」の価格は1月高値から97%も急落し、早期償還に追い込まれた(図表2)。特殊なデリバティブ(派生投資商品)のポジション調整による株式売りが急速に需給を歪めた背景が分かる。目先は、こうした「ボラティリティ売り」の巻き戻しが落ち着くのを待つ展開となりそうだ。

図表1:米国株の急落で「恐怖指数」が急上昇

図表1
出所:Bloombergのデータから楽天証券経済研究所が作成(2018年2月7日)

図表2:ボラティリティの安定に賭ける上場投資証券は暴落

図表2
※上記ETN(上場投資証券)は、指数の変動率がS&P 500 VIX短期先物指数の前日比変動率(%)の-1倍となるように計算された「S&P 500 VIX短期先物インバース日次指数」を連動対象としている。
出所:Bloombergのデータから楽天証券経済研究所が作成(2018年2月7日)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]