富士通、手のひら静脈認証のオールインワン端末--業務システムなどに組み込み

藤本和彦 (編集部)

2018-02-13 17:57

 富士通と富士通フロンテックは2月13日、オールインワン型の手のひら静脈認証装置「FUJITSU 生体認証 PalmSecure Connect」を発売した。税別価格は15万円~で、出荷時期は4月1日を予定。今後5年間で100億円の売り上げを目指す。

 PalmSecure Connectは、手のひら静脈センサ、OS、ミドルウェア、タッチパネルディスプレイを箱形の小型端末に詰め込んだ。認証サーバとの連携を可能とするAPIを実装しており、業務システムやオフィス機器に手のひら静脈による認証機能を組み込める。

 小型装置用の手のひら静脈センサを新たに開発し搭載した。USBポートの他、LANポート(オプション)を内蔵することで、オフィス機器と認証サーバを接続するためのハブとして利用することも可能。電池内蔵でACアダプタが不要となっている。

PalmSecure Connect
PalmSecure Connect(出典:富士通)

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]