編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器
日本株展望

誰が買い、誰が売っているのか?--日本株の需給分析

ZDNet Japan Staff

2018-02-14 11:00

今日のポイント

  1. 外国人が買えば上がり、売れば下がる日本株
  2. 買い手として日本銀行の存在がどんどん大きくなっている
  3. 引き続き外国人売買に注目、日銀の買いを減らす話が出るとネガティブ

 これら3点について、楽天証券経済研究所長兼チーフストラテジストの窪田真之氏の見解を紹介する。

外国人が買えば上がり、売れば下がる日本株

 1月後半から日経平均株価が急落した。「外国人の売り」で下がったことが分かっている。まだ外国人の売りは続いていると考えられる。

 いつもお伝えしている通り、外国人は買うときは上値を追って買い、売るときは下値を叩いて売る傾向がある。短期的な日経平均の動きはほとんど外国人によって決まる。

日経平均と外国人の売買動向(買い越しまたは売り越し額、株式現物と日経平均先物の合計):2016年1月4日~2018年2月13日(外国人売買動向は2月2日まで)

日経平均と外国人の売買動向
出所:東証データから楽天証券経済研究所が作成
注:上のグラフの外国人売買で、棒グラフが上(プラス方向)に伸びているのは買い越し、下(マイナス方向)に伸びているのは売り越しを示す

 このように外国人が日本株を動かす状態が28年間続いている。言い換えると、1990年以降は外国人が日本株を動かすようになった。1989年12月に日経平均が史上最高値の3万8915円を付けるまでの上昇相場では、日本人が日本株を動かしていた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]