編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
海外コメンタリー

AI機能追加に向けたアプローチ--SAPとMapRの事例

Andrew Brust (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2018-02-19 06:30

 SAPはアプリケーションに人工知能(AI)を組み込んでいる。そしてMapR Technologiesも同社のデータプラットフォームにAIを組み込んでいる。いずれのケースでもAIはよりユビキタスかつ、より便利なものになってきている。

 アナリティクスや機械学習(ML)、AIに関して記事を執筆する際、具体的な応用事例を見つけ出すのが大変だと感じる時もある。その結果、これらテクノロジの力を十分に伝えきれない場合もある。AIの有用性を伝えられず、あるいは容易に理解してもらえず、捉えどころのないものだと判断されるのは、著者の本意ではない。

 しかし、応用事例を挙げる際、企業資源計画(ERP)ソフトウェアだけで十分な場合もしばしばある。その一方で、ERPは平凡すぎるというひと言で片付けられる場合もある。現実には、ERPは企業運営に必要欠くべからざるものであるため、ERPにこれら技術を適用すれば、その影響は非常に大きくなり、その価値も極めて明確に描き出せるはずだ。

SAPとAI

 米国時間2月6日にリリースされた「SAP S/4HANA Cloud 1802」は、四半期ごとにアップデートされるSAPのERPスイートの最新版であり、随所にAIが取り込まれている。SAPの最高製品責任者(CPO)Christian Pedersen氏は、筆者のために時間を割いてくれ、同社のERPソフトウェアにAIがどのように織り込まれているのかを解説してくれた。

 同ソフトウェアは「SAP Leonardo Machine Learning」を利用することで、非常に素晴らしい機能が提供される。こういった機能には、取引の成約可能性を判定したり、未決注文の影響に基づいて損益を予測したりする機能や、ユーザーが手作業で行う請求書と注文の突合作業を観察、学習することで作業を自動化するシステムが含まれている。

さまざまな状況への対応が可能なツール

 SAP S/4HANA Cloudには、音声コマンドインターフェースを搭載したデジタルアシスタントも含まれており、この機能は(パートナーのソリューションを通じて)「Amazon Alexa」と統合することも可能になっている。SAP S/4HANA Cloudの最新版は、支払いの自動処理機能と、購買に関する特定の状況を処理するための新ツールも提供している。後者は購買注文の確認と購買要求におけるリスクをユーザーに警告するとともに、顧客への事前連絡を自動化できるよう支援してくれる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]