松岡功の一言もの申す

日本オラクルの“クラウド攻勢”は奏効するか

松岡功 2018年02月21日 10時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 国内でのデータセンター開設と中堅中小企業向け事業の強化を発表したオラクル。果たして、日本市場への“クラウド攻勢”は奏効するか。

国内データセンター開設と中堅中小企業向け事業強化

 「今回発表した取り組みは、お客さまからのご要望にお応えしたものだ」――。日本オラクルのFrank Obermeier CEOは、同社が先頃開いたクラウド事業戦略に関する記者会見でこう語った。その取り組みとは、国内での自社データセンターの開設と、中堅中小企業向け事業の強化である。

 データセンター開設の時期は明らかにしなかったが、クラウド事業の拡大に伴って米Oracleがグローバル展開しているデータセンターの一環として、日本に設置することを明らかにした。開設するデータセンターからは、IaaS、PaaS、SaaSなどのクラウドサービスとともに、人工知能(AI)やブロックチェーンなどの新しい技術を利用できるサービスも提供していくという。

 国内にデータセンターを設置することにより、オラクルは日本企業の顧客に対してデータのガバナンスとともに、より迅速なサービス展開が行えるようになる見込みだ。

 また、中堅中小企業向け事業の強化では、新たな営業拠点として「Oracle Digital Hub Tokyo」を日本オラクル本社内に開設。マーケティングオートメーションを導入したデジタルマーケティング、SNSなどを使ったソーシャルセリング、ウェブカンファレンスによるライブデモなど、新たな営業スタイルを推進するとしている。

 同社は2017年、中堅中小企業向け事業の強化に向けて「Oracle Digital」と名付けた営業組織を結成。現在200人規模の同組織の人員を2018年度(2018年5月期)内に倍増させる計画だ。さらに、中堅中小企業がクラウドサービスを導入しやすいように、ニーズの高いサービスを組み合わせた“パッケージ商品”を揃えていく構えだ。

 Obermeier氏はOracle Digitalについて、「お客さまから大きな反響があり、非常に強い手応えを感じている。今回、その営業拠点となるHubを開設することで、さらに事業拡大の勢いをつけていきたい」と意欲のほどを語った。

 なお、Obermeier氏が会見で説明した内容については、関連記事を参照いただきたい。


会見に臨む日本オラクルのFrank Obermeier 取締役 執行役 CEO

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算