編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ
調査

デジタル変革はGDPを11兆円増加--マイクロソフトとIDC

NO BUDGET

2018-02-26 07:30

 日本マイクロソフトは2月20日、マイクロソフトとIDC Asia/Pacificがアジアの15の国と地域で1560人のビジネス意思決定者を対象に実施した、デジタルトランスフォーメーションに関する調査結果を発表した。

 これによると、アジア経済全体でデジタルトランスフォーメーションが劇的に加速することが予測されている。日本では2021年までに、デジタルトランスフォーメーションがGDPを約11兆円、年間成長率を0.4%増加させると見ている。さらに、モバイル、IoT、AIといったデジタルテクノロジーを活用した製品やサービスがGDPに占める割合は、2017年では約8%に過ぎなかったが、2021年までに約50%までに到達すると予測する。

 また、2020年までに、利益率向上やコスト削減、生産性向上といったデジタルトランスフォーメーションによる効果があると回答した企業では、少なくとも80%以上の向上がみられ、利益率の向上とコスト削減においては110%の効果が得られるという。

 アジア太平洋地域の企業では、79%がデジタルトランスフォーメーションの戦略を策定している一方で、全社的または展開中のデジタルトランスフォーメーション戦略があり、収益の3分の1以上をデジタル製品とデジタルサービスから得ている企業を指す「リーディングカンパニー」はわずか7%にとどまった。「リーディングカンパニー」に分類される企業は、デジタルトランスフォーメーションの取り組みにより、生産性、利益率、売上、顧客ロイヤルティにおいて最大30%の改善効果を得ているとされる。

 企業のデジタルトランスフォーメーションの実現に向けて、マイクロソフトはデジタル文化の育成や情報エコシステムの構築、マイクロ革新の推進、AIの活用など将来に備えたスキル育成という戦略を推奨している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]