ハードから読み解くITトレンド放談

AIや仮想通貨ブームで沸き立つGPU(後編)--NVIDIAに追従するAMDとIntel - (page 3)

山本雅史

2018-03-05 06:00

独自のAIチップも検討

 ただしAI分野に関してIntelは、Xeon Phiではなく、独自のAIチップを推し進めようとしている。2016年にディープラーニングシステムを開発していたNervana Systemを買収し、このテクノロジをベースにチップ化した「Nervana Neural Network Processor(Nervana NNP)」を2017年10月に発表している。実際にリリースされるのは、2018年になるだろう。


Intelが買収したNervana Systemのニューラルネットワークチップをベースに開発された(Intelのウェブサイトより)

 Intelは、Nervana NNP以外にも、脳の機能を模倣してトレーニングと推論を1チップで行い自己学習する「Loihi(開発コード名)」を発表している。Loihiは、2018年に大学や研究所にサンプルが提供され、実際に製品化されるのは2019年頃だろうと思われている。

 このようにIntelはGPUではなく、ニューラルネットやディープラーニングなどのAI専用のチップを開発することで、AI分野でのシェアを伸ばしていこうとしている。


Intelはニューラルネットワークを超えるAIチップ「Loihi」の開発を進めている。2018年にはサンプルチップを提供できるようだ(Intelのウェブサイトより)

 AI分野の研究や応用が進めばさらに膨大な計算リソースが必要となるため、GPUやAI専用チップに移行していくだろう。ただ、AI研究への投資が進むことで、現在のニューラルネットワークやディープラーニングなどとは違う新たなメソッドが出てくる可能性もある。新たな“テクノロジジャンプ”が起きたときに、専用チップでは対応できなくなるかもしれない。このあたりは、AIを利用していく側も注視していく必要があるだろう。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]