編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

アップル、「iCloud」の「Google Cloud」利用を認める--「Azure」から変更か

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 中村智恵子 高橋朋子 (ガリレオ) 編集部

2018-02-27 14:09

 2011年、Appleが同社の「iCloud」サービスの一部を「Microsoft Azure」上で稼働させるといううわさが流れた。しかし、MicrosoftとAppleは確認(あるいは否定)することを控えていた。

 CRNの報道によると、2014年に公開された「iOS Security Guide」(iOSのセキュリティ)のなかでAppleは、暗号化された一部のiOSファイルがAmazon Web Services(AWS)の「Amazon Simple Storage Service」(Amazon S3)とMicrosoft Azureの双方に格納されていることを認めていたという。

 2018年1月付けで更新されたAppleの「iOS Security Guide」では、「iCloud」のサポートパートナーとしてMicrosoftの「Azure」の名前が記載されていないことをCNBCが米国時間2月26日に報じた。

 Appleのセキュリティガイド最新版には、一部の暗号化されたファイルの「チャンク」の保存に「Amazon S3」および「Google Cloud Platform」を利用しているとして、次のように説明している。

 「iCloudによってファイルがチャンクに分割され、AES-128と、各チャンクのコンテンツから導出される、SHA-256を使用する鍵を使って暗号化される。それらの鍵とファイルのメタデータはApple によってユーザの iCloud アカウントに保存される。暗号化されたファイルのチャンクは、S3やGoogle Cloud Platformのような他社のストレージサービスを利用して、ユーザーを特定する情報を含めずに保存される」

 CRNは2016年3月、GoogleがGoogle Cloud Platformの顧客としてAppleと契約したと、「事情に詳しい複数の情報筋」からの話として報じていた。またこの時CRNは、Appleは「Amazon Web Services(AWS)への依存度を大幅に減らした」が、AWSの利用も一部継続していると報じていた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]