編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性
調査

米連邦政府機関の情報漏えい増加、予算不足など課題--Thales - (page 3)

Charlie Osborne (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2018-03-02 07:30

 451 Researchの情報セキュリティ担当主席アナリストGarrett Bekker氏は、「クラウドコンピューティングの大規模な導入と、こうした新たな環境に適したデータセキュリティツールの実装が相関しているわけではない」と述べている。「データの保護に最も効果的なツールとして、回答者の78%は転送中データの暗号化を、77%は蓄積データの暗号化を挙げているが、米国の回答者のうち、クラウドでの暗号化を実装していたのは23%だけだった。さらに、クラウドコンピューティングのセキュリティを支出の最優先事項に挙げたのは31%にすぎない」

 これらの懸念はあるにせよ、回答者の93%は、今後1年間のIT予算におけるセキュリティ支出の比率は増えると述べている。56%は、エンドポイントセキュリティへの支出を重視すると述べており、48%はネットワークのセキュリティを、また19%はデータ中心のセキュリティを重視するとしている。

 レポートによれば、最新のサイバーセキュリティ対策を導入する際に障害になっているのは、複雑さ、事業への影響、予算不足などだ。

The 2018 Thales Data Threat Report

 しかし、米連邦のIT部門の職員や政府機関は、全体としてより一層セキュリティに積極的に取り組もうとする意識を持っている。セキュリティ支出を増やす動機としてもっとも大きいのは、セキュリティに関するベストプラクティスの適用とペナルティの回避で、どちらも回答者の53%が挙げている。

 さらに、コンプライアンスを挙げた回答者も43%にのぼった。

The 2018 Thales Data Threat Report

 2018年1月には、米国土安全保障省(DHS)が、同省の監察総監室で情報漏えいが発生し、24万7167人の職員の個人情報が漏えいしたことを認めている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]