編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

コロナワールド、ウェブ請求書システムで経理処理の負担軽減

NO BUDGET

2018-03-01 12:50

 複合型娯楽施設を運営するコロナワールドは、請求業務で発生する各種書類の電子化を進めている。今回は新たにウェブ請求書システム「BtoBプラットフォーム請求書」を導入した。

 同社は、愛知県を中心に全国16カ所で複合型娯楽施設を運営。敷地内の娯楽施設から飲食店まで約80店舗をほぼ自社で運営しており、毎月膨大な量の紙の請求書の対応に追われていた。

 BtoBプラットフォーム請求書は、自社が発行する請求書だけでなく、受け取る請求書や支払金額の通知など、さまざまな請求業務の電子化に対応するクラウドサービス。電子化による業務時間の短縮や承認フローによる内部統制強化、ペーパーレス化とコスト削減につながる仕組みとして、全国約17万社が利用しているという。

 コロナワールドでは当初、各店舗の食材調達に「BtoBプラットフォーム受発注」を利用していたが、食材以外の取引先からの請求書にも活用の幅を広げ、400社との取引を電子化した。これまで経理担当者が総出となって仕分け・データ入力・確認していた作業を大幅に軽減し、紙で受け取る納品書や請求書の量は半減した。

 BtoBプラットフォーム請求書では、販管費など毎回単価が変わる取引の請求書を電子化する。これによって、全ての請求書を電子データで受け取れるようになり、現在は全取引の7割を電子化できているという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]