編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
海外コメンタリー

5G展開で先行狙うAT&T、エッジや仮想化への注力など鍵に

Corinne Reichert (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2018-03-02 06:30

 AT&Tは5Gに関して大きく先行するための取り組みを進めている。同社の無線ネットワークアーキテクチャおよび設計担当シニアバイスプレジデントIgal Elbaz氏は、スペインのバルセロナで開催中の「Mobile World Congress 2018」で米ZDNetの取材に応じた。Elbaz氏は、同社の取り組みが進んでいるのは、エッジコンピューティングとネットワークの仮想化に力を入れているためだと語った。

 Elbaz氏によれば、同社は「標準ベースのモバイル5G」の世界的な先駆者だ。同社は2018年1月に、約12地域で2018年中に5Gサービスを展開すると発表した。

 同氏は米ZDNetに対して、「SDNに関する経験、5Gへの取り組み、エッジコンピューティングへの取り組みなどを持つわが社の立ち位置は独自のものだ」と述べた。

 「わが社はそれら3つの領域すべてで積極的に活動している。わが社は独自のチャンスを持っているだけでなく、ネットワークに対する考え方の面でも、ネットワークをどう展開すべきかという点でも独自の優位性を持っていると考えている」(Elbaz氏)

 AT&Tが2018年中にサービスを提供する12地域の5Gネットワークのうち、最初の3つであるダラス、アトランタ、ウェーコでは、2017年12月に策定されたばかりの「5G 3GPP」NR標準を使用してサービスを展開する。

 Elbaz氏は、NSAの仕様を使うことで、既存のLTEネットワークを活用しつつ全米規模の5Gネットワークを展開できるようになると説明する。

 また、AT&Tが2018年2月にFiberTowerの買収が完了したことにも触れ、これによって得られたミリ波周波数帯によって、「わが社の務めを果たす準備が整った」と語った。

 「わが社は明らかに、2018年に向けて2017年12月に策定された標準を必要としていた。これからの主な課題は、適切なデバイスや機材を用意できるように、パートナーエコシステムやベンダーの力を結集していくことだ」と同氏は言う。

 「わが社はミリ波に関してその取り組みを進めており、FiberTowerの買収も完了した。すべてがよいタイミングで1つにまとまりつつある。それでも設定した目標を達成するのは大変だが、年末までには形にできると確信している」

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]