編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ
海外コメンタリー

次世代通信「5G」は素晴らしい新世界への扉を開くのか

George Anadiotis (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2018-03-07 06:30

 このところ、あらゆる通信事業者が第5世代移動通信システム(5G)関連のニュースを前面に押し出しているように見受けられる。スペインのバルセロナで開催された「Mobile World Congress(MWC)2018」がコンシューマーにアピールするイベントから、業界イベントへと変化した点に目を向けると、これは驚くほどの話ではないだろう。

 5Gは、機械学習(ML)や人工知能(AI)、クラウドとともに、自動運転車やスマートシティといった分野を変革するテクノロジだと捉えられている。しかし5Gは本当にこれら分野に変革をもたらすテクノロジなのだろうか?米ZDNetは同分野における複数のリーダーにインタビューし、5Gがデータの収集やストレージ、処理、アプリケーションにもたらす影響とともに、クラウドやAIとの相互作用について語ってもらった。

スピードは正義か?

 5Gの大きな売りはネットワーク速度だ。しかし、IoTや自動運転車といった、エッジでのアナリティクスやインテリジェンスに関連するユースケースにとって、ネットワーク速度は鍵となるのだろうか?

 Sierra WirelessのIoTソリューション担当バイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーであるOlivier Pauzet氏は、以下のように述べている。

 (ネットワーク速度は)極めて高い帯域を必要とする一部のアプリケーションでは鍵となるだろうが、今日におけるほとんどのIoTアプリケーションの主な制約はネットワーク速度の面ではなく、データオーケストレーションの面にある。

 これ(オーケストレーションの問題)は、IoTの極めてエッジな部分、すなわち『ディープエッジ』における処理能力に制約のある、低帯域で低消費電力のIoTデバイスを利用するIoTアプリケーションの成長を阻んでいる。高速なネットワーク速度ではなく、データのオーケストレーションこそ、これらエッジデバイス上でのデータ処理を強化し、そうしたデバイスからデータを抽出し、そのデータをクラウド上の他のデータソースと統合し、該当デバイス上のセキュリティやその他のソフトウェアをアップデートするうえで本当に必要なものだ。

 高速なのは良いことだが、得られるデータの量が増えても、それを生かし切れなければ何のメリットがあるというのだろうか?これがPauzet氏の主張だ。Sierra Wirelessは、世界のIoT市場をリードしている企業であり、同社の製品は電力業界からスマートメーターまで、そしてPCやタブレットから自動車にまで利用されている。


5Gの売り文句を信じるのであれば、それは素晴らしい新世界への扉を開く鍵だ。しかし、それは本当のことなのだろうか?
提供:CB Insights

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]