編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」
海外コメンタリー

次世代通信「5G」は素晴らしい新世界への扉を開くのか - (page 4)

George Anadiotis (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2018-03-07 06:30

エッジでのコンピューティング

 自動運転車には、クラウドコンピューティングが適しているようには思えないが、エッジコンピューティングは適していそうだ。MososphereのKnaup氏は、エッジコンピューティングのユースケースを実現していくうえで多くの課題があると指摘した。また同氏は、ネットワークの信頼性について指摘するとともに、エッジのノードがしばしば異種プラットフォーム上に存在している点も問題を複雑にしていると付け加えた。

 同氏はさらに、大量の非構造化データを処理するインフラの管理や、機密性の高いデータ(例えばスマートホームから収集されたデータ)の収集に関連するプライバシー保護への要求に対しても、エッジコンピューティングに向かって行くうえで取り組む必要があると付け加えた。

 ただKnaup氏は、エッジコンピューティングにつながる機会として、「エッジにおけるデバイスの数が爆発的に増加していこうとしているなか、自動運転車からコネクテッドスタジアムに至るまで、さらにはヘルスケアデータのアナリティクスにおける大きな変革にまで可能性が広がっていく」点についても指摘している。

 エッジコンピューティングによって、応答時間の高速化(レイテンシの低さによる)や、コンピューティングタスクの負荷軽減(電力消費も削減できる)、ロケーションに対する意識の向上といったさまざまなメリットが生み出される。

 Sierra WirelessのPauzet氏は、IoTを念頭に置いて設計された初の携帯電話データネットワークテクノロジである省電力広域無線通信技術(LPWA)が、IoTアプリケーションの新たなユースケースを生み出す大きな機会を提供するとし、次のように述べた。

 LPWAによって、真に画期的なスマートシティやスマートグリッド、スマート農業といったアプリケーションの実現に必要となる、低価格かつ低消費電力のデバイスの普及に向けた地盤が固まる。ここでの課題は、LPWAをデータのオーケストレーションやクラウド、AIテクノロジと組み合わせるところにある。

 これにより企業は、アプリケーションの開発や配備、運用にかかる時間とコストを最小化できるとともに、これらのアプリケーションからのデータがもたらす洞察の価値を最大化できるようになる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]