編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」
海外コメンタリー

次世代通信「5G」は素晴らしい新世界への扉を開くのか - (page 5)

George Anadiotis (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2018-03-07 06:30

5Gが今すぐ利用できれば、本当にすべてが変革されるのか?

 Knaup氏は、5Gが今すぐ利用できるのであれば、適切なシステムの使用状況を監視するセンサの数だけでなく、「スマート」なビルやハイウェイ、インフラ(すなわちすべてのドアやエレベータ、設備、滑走路など)における健全性と安全性を向上させるための、絶え間なく、リアルタイムで動作するセンサの数も大幅に増やすと述べた。

 5Gが利用できれば、エッジにおけるコンピュート/ストレージ機器から、地域拠点に置かれたバックエンドのコンピュート/ストレージ機器にデータを転送するための有線のバックホールネットワークに対する依存を低減できる。例えば、「電柱取り付け型のキャッシュ」によるコンテンツ配信も可能になる。

 ディープラーニング(深層学習)アルゴリズムの性能は、学習できるデータの量に従って向上していくため、深層学習アプリケーションの正確性を追求するために、今日利用可能なデータよりも多くのデータを収集しようとするだろう。


注意!--5Gは過剰期待の頂に差し掛かりつつある。
提供:Gartner

 一方、Pauzet氏は、5Gが今すぐ利用可能になったとしても、業界のデータ移送やストレージ、処理に関するものの考え方やアーキテクチャがそれほど変化するかどうか確信が持てないとした。

 5Gは、近距離においてマルチギガビットレベルの速度と大容量転送の機会を提供し、新たなユースケースを数多く生み出すが、ものの考え方やアーキテクチャに真の変革をもたらすのはインテリジェントなデータオーケストレーションだ。

 業界が現在直面している大きな課題は、IoTのデータをより効率的かつより効果的に抽出、処理、分析、アップデートする方法についてだ。そして、この課題を短期間で解決するものは、より優れたデータオーケストレーションであり、近距離データ転送の高速化ではない。

 5Gはエッジ上のデバイスとクラウドの間のデータ転送を高速化できるとはいえ、それによって必ずしも素晴らしい新世界への扉が開くというわけではない。データのオーケストレーションとマネジメントは鍵となり続け、クラウドに適していないユースケースも残るだろう。

 これらの見解は、興味深いさまざまな話題に関するヒントをもたらしてくれる。そういった話題については、また別の記事で分析していくことにしたい。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]