編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
米ZDNet編集長Larryの独り言

Spotifyが「Google Cloud」への依存拡大、確たる顧客となる意味 - (page 2)

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2018-03-09 06:30

 SpotifyはGCPにとってのアンカー顧客だと言える。現時点ではAWSの顧客でもあるSpotifyは以下のように述べている。

 われわれは、GCPによって提供されているデータ処理やストレージ能力、その他のサービスを活用できるようなソフトウェアとコンピュータシステムを設計した。現在、自社のすべてのデータストレージ(ユーザーの個人情報や、権利者からライセンス付与された楽曲データを含む)とコンピューティングを自社サーバからGCPに移行しているところだ。GCP上でのわれわれの業務は他のクラウドプロバイダーへと容易に変更できず、GCPの障害や、GCPに対する妨害はわれわれの事業や業績、財務状況に重大な負の影響を及ぼす。Googleは対コンシューマーという面でわれわれと競合するとはいえ、Googleがわれわれのサービスに対する競争上の優位性を得るためにGCPの運用を利用しようとするとは考えていない。

 筆者は、GCPにとってSpotifyが、AWSにとってのNetflixのような存在になると確信している。Spotifyは、GCPにより多くのワークロードを移行しても大丈夫だと他社に思わせる存在になるだろう。最終的に、GCPが力をつければ競争がより厳しくなり、企業が複数のプロバイダーを利用するようになるとともに、インフラのコストが低下していくことになるはずだ。

Spotify Spotifyの主要な指標

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]