「Windows 10 S」、単独OSではなく「モード」として2019年に提供へ

Roger Cheng (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2018-03-08 08:35

 Microsoftは「Windows 10 S」を、独立したOSとして提供することをやめる予定だ。


提供:Matt Elliott/CNET

 Windows 10 Sは2017年、フル機能を装備する「Windows 10」に代わる必要最小限版のOSとして学校や学生を対象にリリースされた。簡素化されたこのOSは、シンプルさで学校管理者らの人気を集めているGoogleの「Chrome OS」に倣ったものだ。例えばWindow 10 Sでは、「Windows Store」からしかアプリをインストールできない。

 MicrosoftのOSグループ担当バイスプレジデントを務めるJoe Belfiore氏は米国時間3月7日、Microsoftは2019年に、Windows 10 Sを既存バージョンの「モード」として提供するとツイートした。

 おそらくこの新しいSモードは、これまで同様Windows Storeから入手したアプリだけを実行するように、OSを限定するものになるのだろう。それによって、より安全かつ高速な環境が得られるとMicrosoftは述べている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]