編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

「Windows 10」次期アップデートはやはり「Spring Creators Update」か

Mary Jo Foley (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)

2018-03-09 10:29

 この2カ月間、さまざまなリークにより、間もなくリリースされる「Windows 10 Redstone 4」の正式名称は「Spring Creators Update」になるとされてきた。

 今週になって、新たなリークにより、「Spring Creators Update」という名称になる可能性はさらに高まった。「The Walking Cat(@h0x0d)」がツイートでWindowsテスターの「Pennybridge1969(@warnelidl)」に対し、ビルド17618で「PowerShell」のコマンド「Get-VMHostSupportedVersion」を試すよう求めた。これにより生成されたリストには、「Windows 10 Creators Update」(2017年のバージョン1703)と「Windows 10 Fall Creators Update」(バージョン1709)に加え、「Spring Creators Update」(今後公開されるバージョン1803)という記述が含まれていた。

 大勢が指摘してきたように、こういった名前の付け方が混乱を招きそうのは、「春(Spring)」の時期が世界中で同じではないことだけが理由ではない。さらに、最初の「Creators Update」も2017年の「春」にリリースされている。

 MicrosoftはRedstone 4の正式名称をまだ明らかにしていない。同社の広報担当者は8日、米ZDNetの取材に対し、Redstone 4の正式名称について「提供できる情報はない」と回答した。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]