編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

アライドテレシス、米Norwich大学と連携したセキュリティ教育研修や研究開発に開始

NO BUDGET

2018-03-12 06:00

 アライドテレシスは、、米国バーモンド州ノースフィールドのNorwich大学の応用研究機関企業「Norwich University Applied Research Institutes(NUARI)」と連携し、サイバーセキュリティ教育研修事業を開始した。また、ぺネトレーションテスト(システム侵入テスト)ラボによるサイバーセキュリティ研究開発もスタートさせた。

 研修やトレーニングでは、NUARIが開発したウェブカンファレンスツール「DECIDE Platform」を使用し、サイバーセキュリティ対策演習を行う。DECIDE Platformはさまざまな業種向けに15種類以上のシナリオを備え、米国政府機関、金融業などの民間企業に利用されている演習ツールでもある。

 サイバー脅威・インシデントに対応した幅広いシナリオを利用し、オンライン上の動的な環境でシミュレーション演習を実施することで、参加者は実践的に意思決定スキルを向上させ、脅威に対して速やかに適切な対応ができるようになる。

 また、ぺネトレーションテストラボとして「アライドテレシス サイバーセキュリティラボ」を2018年第1四半期に開設する。同ラボでは、顧客のネットワークの脆弱性診断と、それによるセキュリティインシデント発生の可能性・影響度などをこれまでのデータを元に検証し、適切な対策などを研究開発していく。

 アライドテレシスでは、脆弱性の診断とぺネトレーションテストサービスとを連携させ、同社の「SES(Secure Enterprise SDN)」ソリューションによる強固なセキュリティ対策を提供していく。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]