編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ALMとPLMを統合したエレクトロニクス業界向けソリューション--シーメンス

NO BUDGET

2018-03-12 10:27

 シーメンスは3月6日、デジタル・エンタープライズ実現のためのエレクトロニクス業界向けソリューションを発表した。

 新ソリューションは、インターネットに接続されたセンサーを搭載したスマート・コネクテッド製品のセキュリティやプライバシー対策、リスク管理などの製品開発において重要な課題解決に役立つという。また、アジャイルソフトウェア開発やスクラム開発、そして継続的デリバリといった迅速なソフトウェア開発技術に後れを取らず、試験プロセスを加速させる必要のある品質管理部門のニーズに対応する。

 同ソリューションはALMソフトウェアとPLMソフトウェアを統合することで、従来の製品開発サイクルの管理と、これらの製品を制御するソフトウェアの効果的な管理を実現した。また、ソフトウェアとハードウェアのエンジニアが同じチームの一員として作業できる環境を構築し、製品エンジニアリングのコラボレーションを実現し、製品とソフトウェアのプロセス改善の実施と測定も可能になるという。

 同ソリューションは、複数のチームがエンド・ツー・エンドで効率性と生産性を向上させ、ライフサイクルのすべての局面でハードウェアと組込みソフトウェアの構成のトレーサビリティーを管理し、製品品質の向上と変更管理を効率化する。さらにエンジニアは、統合されたワークフローにリアルタイムで接続しながら、使い慣れた開発ツールを使って作業できるため、ユーザーエクスペリエンスを統一できる。ALM側で作成し、試験を行ったソフトウェア・コンポーネントは、部品表(BOM)にパブリッシュすることができ、開発製品の機械・電気・ソフトウェアを統合するBOMが提供可能だ。

 これにより、企業は製品開発分野全体の可視化を向上させ、複雑なシステムの欠陥を迅速に特定して影響を判断し、問題を解決することができるとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]