編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

「Shopらん/店舗matic」の導入店舗数が3万店舗に--ドリーム・アーツ

NO BUDGET

2018-03-12 12:15

 ドリーム・アーツとネクスウェイは3月5日、多店舗運営支援クラウドサービス「Shopらん」と「店舗matic」の導入店舗数が両サービス合わせて3万店舗、ユーザーが40万人を突破したと発表した。


 「Shopらん/店舗matic」は、情報過多、オペレーションの混乱、現場が見えないといった本部と店舗間のコミュニケーションに起因する問題に取り組む多店舗運営支援サービス。アパレル、雑貨、スーパー、飲食店などさまざまな業種のノウハウをベストプラクティスとして集約し、サービスに反映させているという。

 また、全世界で利用中のユーザー企業のために、多言語、タイムゾーンなどの国際化対応に加え、1万店舗を超える大規模チェーンストア企業の利用にも耐えられる信頼性・安定性を確保しているとしている。外出先や店舗でモバイル端末を使いたいというニーズに対しては、IPアドレス制限や2段階認証といった堅牢なセキュリティも備える。

 同サービスは、2007年にドリーム・アーツが基盤モジュールを開発したことで誕生。イオンフォレスト(THE BODY SHOP)、KDDI(auショップ)、トリンプ・インターナショナル・ジャパン、アダストリア、RIZAPグループなどで導入されている。ドリーム・アーツとネクスウェイでは、2020年度での導入店舗数5万店到達を目指すとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]