AI技術の活用で「自律型データセンター」の実現を支援--HPE

渡邉利和 2018年03月12日 11時14分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ヒューレット・パッカード(HPE)は3月7日、同社のストレージ戦略に関するプレス向け説明会を開催した。人工知能(AI)技術の活用によるデータセンターの将来像を示した。


日本ヒューレット・パッカード ハイブリッドIT事業統括 データプラットフォーム統括本部 エバンジェリストの高野勝氏

Hewlett Packard Enterprise HPEストレージ部門 製品管理&マーケティング担当ディレクターのVish Mulchand氏

Hewlett Packard Enterprise HPE Nimble Storage 分析&カスタマーサポート担当バイスプレジデントのRod Bagg氏

 まず登壇したハイブリッドIT事業統括 データプラットフォーム統括本部 エバンジェリストの高野勝氏は、同社の「ハイブリッドIT戦略」について説明し、「目指すのは人々の生活の向上と働き方の改善」だとした。

 その上で、製品面での取り組みの基本的な考え方が「ハイブリッドITをシンプルに」という点にあることを踏まえ、ハイブリッドIT運用を円滑にするツール群としてさまざまなSaaSを今後提供していく予定であるとした。中でも、2017年11月に買収完了したNimble Storageの予測分析機能「InfoSight」の対象をストレージからITインフラ機器全体に展開し、“AI for the Data Center”というコンセプトの中核に据え、自律型データセンターの実現を目指していく。

 米HPE HPEストレージ部門 製品管理&マーケティング担当ディレクターのVish Mulchand氏は、同社のストレージ戦略全般について説明。同氏は、HPEのハイブリッドIT戦略では「Keep the business running(ビジネスを動かし続ける)」と「Deliver new products & services faster(新製品/サービスを迅速に展開する)」の2つのエリアにともに注力していくとした上で、重要な3つの要件として「Predictive(予測可能性)」「Cloud Ready(クラウド対応)」「Timeless(ロスタイムのない柔軟性)」を挙げた。

 Predictiveとは、障害を発生する前に予測し、対応できる能力を指し、「HPE InfoSight」で全世界のユーザーから収集したデータをAI技術で解析することにより、高精度な予測を実現している。Cloud Readyでは、単にクラウド規模の拡張性のみではなく、オンプレミスとクラウドの間で自由にデータを移行できることも含む。これを実現するサービスとして、オンプレミスとクラウドのどちらからもデータアクセス可能な「HPE Cloud Volumes」(現時点では国内未提供)や、クラウドを活用したバックアップソリューションである「HPE Cloud Bank Storage」などについても説明した。

 また米HPE HPE Nimble Storage 分析&カスタマーサポート担当バイスプレジデントで、InfoSightを立ち上げたというRod Bagg氏は、InfoSightに関して説明。Nimble StorageがInfoSightの取り組みを開始したのは9年ほど前で、元々はトラブル対応を行うIT部門の負担の軽減を図り、自律型の運用管理を可能にすることを目指したものだと言う。

 現在のITの大きな課題の1つに「アプリケーションとデータのギャップ」、つまりアプリケーションが必要とするタイミングでデータが供給されない、という問題があるが、実はこの問題が生じたケースの半分以上では主たる原因がストレージ以外の部分にあるという。ITインフラ全体から問題の部分を見つけ出す必要があるため、InfoSightが効果的なサービスを提供し続けるためにも、ストレージのみをターゲットとするのではなく、サーバやネットワークまで含めたITインフラ全体をカバーする必要があるというわけだ。

 自律型コンピューティングに関しては、2001年頃にIBMが「オートノミックコンピューティング」として提唱し、当時のHPでも同様のコンセプトに取り組んでいたりもしたが、この頃はまだ現在ほどAI技術が成熟していなかったこともあり、その時点で具体的な成果が得られたわけではなかった。それから15年以上が経過した今、ようやくコンセプトを実現するためのピースがそろいつつあるという状況になったようだ。データ収集に時間を要するとしても、数年後にはITインフラ全体に渡って自律的な運用が可能になっていることも期待できそうだ。

HPE InfoSightの概要(HPE資料より)

HPE InfoSightの概要(HPE資料より)

Scroll Right Scroll Left
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

連載

CIO
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]