編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ConcurとSansanの連携サービス--名刺情報で交際費の正当性を判断

藤本和彦 (編集部)

2018-03-14 12:25

 伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は3月14日、経費管理SaaS「Concur Expense」と名刺管理サービス「Sansan」を連携した新サービスの提供を開始すると発表した。経費情報と名刺情報の自動連携で経費管理のガバナンスを強化する。今後3年間で30社への提供を目指す。

 「Sansan Business Card連携サービス」は、名刺情報と経費情報を連携することで、交際費の精算時に同席者の登録情報から正当性を判断し、経費の適正化を実現するもの。名刺交換をしていない社外の人との交際費使用を監視することができ、名寄せや入力の時間を削減することで業務の効率化にもつなげられるというメリットがある。

 これまで、交際費の精算時に同席者の情報について真偽を確認する方法がなく、交際費の正当性が判断しにいという課題があったとCTCは説明。また、氏名や部署などの記載に統一性が保てず、経費の分析には名寄せなどの作業が必要だったとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]