編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

AIが起業相談に受け答え--中小機構が実証実験

NO BUDGET

2018-03-15 16:13

 中小企業基盤整備機構(中小機構)は、人工知能(AI)を使った起業相談の実証実験を3月14日から始めた。実施期間は約3カ月間を予定している。

 今回の実験では、中小機構の自動応答サービス「起業ライダーマモル」にAIのチャットボットを実装。チャットで質問を受け付けて、必要な情報を自動で提供する。Automagiが開発したバーチャルエージェント「AMY AGENT」を活用する。

 実験に先立ち、中小機構が運営する中小企業ビジネス支援サイト「J-Net21」のコンテンツや、同機構が蓄積する相談履歴などから作成したFAQデータを「AMY AGENT」に機械学習させ、問い合わせに自動応答するFAQシステムを構築した。

 同機構では、実験で得られた学習データの内容を分析し、応対精度や利便性をさらに向上させ、本格導入を目指すとしている。

実証実験の概要
実証実験の概要(出典:エムティーアイ)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]