編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

IBMが「Cloud Private for Data」発表--AI導入支援のコンサルチームも

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2018-03-19 11:55

 IBMは米国時間3月16日、データサイエンスとAI(人工知能)の取り組みとして、「Cloud Private for Data」と、コンサルティングチーム「Data Science Elite Team」を発表した。企業におけるAI実装の加速を促す狙いがある。

 IBMはCloud Private for Dataで、あらかじめパッケージ化され、統合化されたデータサイエンスツールを提供する計画を拡大した。Cloud Private for Dataは、統合されたデータサイエンス、エンジニアリング、アプリ構築プラットフォームのサービスとなる。

 これまでIBMは、データサイエンスプラットフォームに加えて、データを整理する機械学習を利用する計画を明らかにしていた。Cloud Private for DataはIoTセンサやデバイス、EC(電子商取引)からのデータを統合し、企業がアナリティクス向けのアプリケーションを構築できるようにする。

 Cloud Private for Dataには、同社の「Data Science Experience」「Information Analyzer」「Information Governance Catalogue」「Db2」「Db2 Warehouse」などの主要な機能も含まれる。

 技術的には、Cloud Private for DataはIBM Cloud Privateプラットフォーム上で、コンテナベースのアーキテクチャ上に実装されるアプリケーションレイヤとなり、マイクロサービスも活用する。将来的にあらゆるクラウドで動き、さまざまな産業向けのバージョンが用意されるという。

 Data Science Elite Teamは、企業がデータサイエンス関連の問題を解決したり、AIに移行したりするのを支援するためのコンサルタントのグループだ。データサイエンティスト、機械学習エンジニア、意思決定の最適化に関する専門家などで構成される。

 Data Science Elite Teamは現在、30人超で構成されており、50社以上の顧客を支援しているという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]