編集部からのお知らせ
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧
日本株展望

下落「第3波」あるか--日米政治不安と円高を警戒 - (page 4)

ZDNet Japan Staff

2018-03-19 11:23

今週の重大イベントは20~21日のFOMC

 米金利の先行きに世界の関心が高まっている。市場コンセンサスでは、米国の中央銀行である連邦準備制度理事会(FRB)は、2018年に3回の利上げをすることとなっているが、最近4回もあり得るとの見方が出ている。

 今週21日の連邦公開市場委員会(FOMC)でFRBが0.25%の利上げをすることはほぼ確実だ。注目は利上げの有無ではなく、利上げ後のFRBのメッセージである。

  • FOMC声明文およびPowell FRB議長の発言がタカ派(利上げに積極的)か、ハト派(利上げに消極的か)?
  • 利上げ後にFOMCメンバーの予測(中央値)が発表される。そこで2018年に合計3回の利上げが予想されているか、あるいは4回予想されているかが注目されている。

 FOMCの結果が予想以上にタカ派ならば、為替は円安になりやすいものの、NYダウが下がりやすくなる。予想以上にハト派ならば、円高になりやすいものの、NYダウにはプラスである。

 FOMCの後に株・為替が荒れる可能性もあり注意が必要だ。

もっと読む--おすすめのバックナンバー

 過去記事は、キーワード「日本株展望」から読めます。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法

  2. クラウドコンピューティング

    AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド

  3. ビジネスアプリケーション

    進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは

  4. クラウド基盤

    【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン

  5. セキュリティ

    「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]