編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

NEC、法人向けVRに触感や視線追跡を組み合わせた新機能

國谷武史 (編集部)

2018-03-20 16:09

 NECは3月20日、2016年から展開している法人向けVR(仮想現実)ソリューションに、触感や視線追跡のセンサを組み合わせた新機能を発表した。従来に比べてインタラクション性の高いVR活用を実現するという。

 法人VRソリューションは、人手不足や技能承継のための人材育成、販売促進などを目的に、利用シーン(トレーニング、シミュレーション、コミュニケーション、セールスプロモーション)に応じたVRコンテンツやヘッドマウントディスプレイ(HMD)、PCなどで構成される。これまで交通や製造、消防、小売など30社以上への導入実績がある。

 新たに追加したのは、触感フィードバック技術と連携する「生産ライントレーニング」と、視線追跡技術と連携する「店舗棚割りシミュレーション」の2種類。

 生産ライントレーニングでは、exiii(イクシー)製の「触感フィードバックデバイス EXOS」を組み合わせ、VRコンテンツで再現した物体の触感(やわらかさや形状)をユーザーが手にするデバイスで再現する。球体や立方体のCGをつかんだ際の感触や、指で弾くと物体がその強さに応じて動く状況を体感でき、視覚でとらえるVRコンテンツの状況との組み合わせによって、これまで以上に臨場感のあるトレーニングが可能になった。


触感フィードバック技術と連携する「生産ライントレーニング」のデモ

 店舗棚割りシミュレーションでは、センサを内蔵したFOVEのHMDと、サイバーリンクスの棚割データを組み合わせ、HMD内のセンサでユーザーの視線の動きを追跡し、VR画面上にヒートマップで表示する。これによって例えば、店舗で来店者が商品棚のどこに視線を集中させるのかを把握でき、売れ筋商品や注力商品をどう棚に陳列するのかの検討が効率的に行える。従来は、検討する際に商品を手作業で繰り返し並べ替えるなどの手間があった。また、VRでは大人や子供といった来店者の属性に応じた視線の動きも容易に反映できるという。


視線追跡技術と連携する「店舗棚割りシミュレーション」のデモ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]