編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ
海外コメンタリー

「Microsoft HoloLens」活用広がる--建設や鉱業、医療教育など多様な現場で - (page 2)

Mary Branscombe (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2018-04-04 06:30

 「3Dジオメトリ(座標)とセンサのデータを取得したうえで、そこにMR技術を導入すれば、実際の採掘現場から数千km離れた遠隔地のオフィスからでも、鉱山技師が現場をほぼリアルタイムで視認できるようなソリューションを実現できる」(Almagor氏)

 「採掘現場のジオメトリを卓上サイズで可視化したり、没入感のあるビューで実際に採掘坑の中に入ったりできる。また、坑道の傾斜の変化や採掘作業の進捗を確認できる。さらに、採掘機器をほぼリアルタイムで可視化できる。発破孔を可視化したり、採掘場所や採掘物の保管場所を確認できる。採掘場管理を効率化するために必要となるエンジアリングデータはMRのなかにあるのだ」(Almagor氏)

 Trimbleは、鉱物の採掘場所から保管場所へと続く経路を「マテリアルレインボー」と呼んでいる。また、鉱山技師は掘削機の動きを再現し、そのオペレータが適切な手順を踏んでいるか、あるいは作業をより効率的に進める方法があるかどうかを確認することもできる。

 このような採掘システムにおいて、HoloLensには建築家が見出しているものと同様のメリットがある。同氏は、「これはリモートおよびコロケーション時における可視化とコミュニケーション、共同作業についての話だ」と述べた。

 またAlmagor氏は、この種のエクスペリエンスは容易に創造できるようになってきていると指摘した。Trimbleが、設計企業やエンジニアリング企業にHoloLensと「SketchUp」をもたらし始めた時には、複数のパイロットプログラムを実施し、顧客のワークフローに組み込むための手助けをするサポートサービスを提供する必要があった。

 彼らは現在でも必要に応じてこのようなサービスを提供しているが、Almagor氏は「今では、こういったものを商用ソリューションとして購入する顧客がいる」と述べ、「彼らはソフトウェアとHoloLensを購入し、われわれを必要としていない」と続けた。

 PTCの「ThingWorx Studio」といったツールや、「Microsoft Azure」上で動作する「Simplygon」といった新たな描画サービスのおかげで、オーサリングは容易になってきている。ThingWorx Studioというウェブアプリによって、既存のCADモデルをドラッグ&ドロップし、センサデータと接続し、そのモデルとやり取りするためのジェスチャや音声制御を追加することで、(HoloLens用やモバイルAR用の)3Dシーンの構築が可能になる。またSimplygonによって、3D資産のファイルサイズを、HoloLens向けの精度を保ちつつ大幅に削減できる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます

  2. 経営

    サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え

  3. クラウドコンピューティング

    “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ

  4. クラウドコンピューティング

    RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋

  5. セキュリティ

    RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]