編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」

DropboxがNASDAQに上場--終値は公開価格を35%上回る

CNET Japan Staff

2018-03-26 12:40

 Dropboxが米国時間3月23日、NASDAQ証券取引所での新規株式公開(IPO)を果たした。初値は公開価格を38%以上上回る1株あたり29ドル、終値は公開価格を35%以上上回る1株あたり28.48ドルとなり、同社の時価総額は111億ドル(約1兆1600億円)以上に達した。

 Dropboxは「DBX」のティッカーシンボルでIPOを果たした。CNBCの報道によると、同社は公開前日の22日、3600万株の価格を1株あたり21ドルに設定した。これは予想されていた18ドル~20ドルを上回った。

 Dropboxは、2月23日に米証券取引委員会(SEC)にIPO申請書を提出した。その中で、180カ国の登録ユーザー5億人のうち有料会員は1100万人、有料会員1人当たりの平均売上高は111.91ドル(約1万1700円)だと述べた。同社の2017年の売上高は11億680万ドル(約1160億円)で、2016年の8億4480万ドル、2015年の6億380万ドルから増加している。

 だが、同社はまだ黒字化を達成しておらず、2017年には1億1200万ドル(約117億円)近い損失も計上した。ただし、損失額は2016年の2億1020万ドル、2015年の3億2590万ドルから減少している。同社が競合として挙げているのは、クラウドストレージ分野ではAmazon、Apple、Google、Microsoft、Box、コンテンツコラボレーションの分野ではAtlassian、Google、Microsoftだ。

 今回のIPOは、テクノロジ業界では2017年のSnap以来、最大規模となる。2018年に予定されるその他の大きな動きとしては、Spotifyが4月3日にIPOを実施する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]