2018年の「オープンソースルーキー」、Black Duck選出の7プロジェクトを紹介 - 4/7

Charlie Osborne (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2018-03-31 06:30

 Synopsys傘下のBlack Duckは米国時間3月20日、2017年に開始された有望な新規オープンソースプロジェクトを選出した「Open Source Rookies of the Year 2018」を発表した。本記事では、選出された7つのオープンソースプロジェクトを紹介する。

Apollo Auto

 百度(バイドゥ)が開発している「Apollo Auto」は、柔軟なアーキテクチャを有した、オープンソースの自律運転プラットフォームだ。Apollo AutoはTier 1プロバイダーやOEM、新興企業が「車輪の再発明」を避けつつ独自の自動運転車を開発できるようにすることを目指している。この思想が評価され、2018年の有望オープンソースプロジェクトに選出された。

Apollo Auto

 百度(バイドゥ)が開発している「Apollo Auto」は、柔軟なアーキテクチャを有した、オープンソースの自律運転プラットフォームだ。Apollo AutoはTier 1プロバイダーやOEM、新興企業が「車輪の再発明」を避けつつ独自の自動運転車を開発できるようにすることを目指している。この思想が評価され、2018年の有望オープンソースプロジェクトに選出された。

提供:Charlie Osborne

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]