編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器
日本株展望

日本株を売りまくる「外国人」、買い向かう国内投資家--勝つのはどっち?

ZDNet Japan Staff

2018-03-28 10:29

今日のポイント

  1. 日本株を売りまくる外国人投資家
  2. 外国人が買えば上がり、売れば下がる日本株
  3. 外国人が「買い越し」に転じるときに相場の流れが変わる
  4. 裁定買い残は約1兆5000億円まで減少。徐々に売り圧力は減ってくると予想

 これら4点について、楽天証券経済研究所長兼チーフストラテジストの窪田真之氏の見解を紹介する。

日本株を売りまくる外国人投資家

 2018年に入ってから、日本株に外国人投資家の大量売りが続いている。現物・先物合わせて、3月16日までに4兆8728億円も売り越している。

外国人投資家の日本株(現物)および日経平均先物の売り越し額:2018年1月4日~3月16日

外国人投資家の日本株(現物)および日経平均先物の売り越し額
出所:東京証券取引所
2市場1・2部主体別売買動向、日経平均先物売買動向、▲は売り越しを示す、億円未満切捨てのため、足し上げても合計と一致しない

 買っているのは個人投資家・日本銀行・事業法人(自社株買い)など、国内投資家だ。勝敗の行方はどうなるだろうか?

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]