編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

総務省、RPA活用で免許申請業務を自動化--入力作業などをロボットで置き換え

ZDNet Japan Staff

2018-03-29 12:43

 総務省は、無線局の免許申請業務にRPA(Robotic Process Automation)を導入し、業務の自動化を図る。大量の入力処理やルーチンワークの一部をソフトウェアロボットに置き換える。2019年1月の稼働を予定している。

 導入するのはRPA製品「ナイス・アドバンストプロセスオートメーション(NICE APA)」で、イスラエルのNICE Systemsが開発、アイティフォーが国内販売する。世界400社の導入実績があり、国内では琉球銀行や住金SBIネット銀行への導入が明らかにされている。

 NICE APAシリーズでは、全ての操作を自動化する全自動ロボ「ナイス・ロボティックオートメーション」、業務遂行を支援する半自動ロボ「ナイス・デスクトップオートメーション」を提供する。また、両方を組み合わせることで、複数業務が連なる手続きや人間の判断に応じて処理ルールが異なる複雑な業務フローの効率化・最適化にも対応するとしている。

 例えば、ロボットが必要に応じて注意メッセージをポップアップしたり、複数画面から必要な表示要素を一画面に集約表示したりして、利用者の入力作業を軽減する。保存したルール設定の再利用も可能となっている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]