クレジットカード被害が14年ぶりの高水準--フィッシングが影響か

ZDNet Japan Staff 2018年03月30日 13時48分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本クレジット協会は3月30日、クレジットカードの不正使用による被害の集計結果を発表した。被害総額は前年比約1.6倍となる236億4000万円に上り、2003年以来14年ぶりに200億円超える規模となった。

 2017年の被害額の内訳(カッコ内は構成比)は、偽装カードによる被害が31億7000万円(13.4%)、番号盗用による被害が176億7000万円(74.8%)、その他不正使用による被害が28億円(11.8%)だった。

 1997年以降の被害額の推移は、2000年の308億7000万円をピークに、2012年は68億1000万円まで減少したものの2013年から増加に転じ、2016年は142億円だった。同協会では2014年から番号盗用の被害を公表。2014~2016年の構成比は6割前後だったが、2017年は12.4ポイント増加した。


2014年以降のクレジットカード不正使用被害の内訳と推移(日本クレジット協会資料より作成)

 2000年代初頭の被害額の減少は、主にIC型クレジットカードの普及によるセキュリティの向上が貢献したとされる。しかし近年は、eコマースなどによるオンライン決済が拡大しており、特にフィッシング詐欺などによるクレジットカード情報の不正な窃取が大きく影響していると見られる。

 日本サイバー犯罪対策センター(JC3)は同日、クレジットカード情報の窃取を狙った手口に対する注意喚起を行った。国内では、AppleやMicrosoftになりすました攻撃メールからフィッシングサイトに誘導して、アカウント情報やクレジットカード情報を入力させようとする攻撃が相次ぐ。JC3では併せてインターネットバンキングマルウェアのチェックサイトを更新し、マルウェア「DreamBot」「Gozi」に加え、「Ramnit」の感染を確認できるようにしている。


クレジットカード情報を窃取するフィッシングサイトの例(出典:日本サイバー犯罪対策センター)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]