編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

IoTプラットフォームに適した新「Linux Enterprise Server for Raspberry Pi」

Liam Tung (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2018-04-02 14:57

 SUSEが「Raspberry Pi」向けに「SUSE Linux Enterprise Server(SLES)12 SP3」を公開している。エンタープライズ顧客向けの商用サポートがついたものだ。

 SLES 12 SP3は、2016年の「SUSECON」でリリースされたサポートのないSLES SP2 Raspberry Piイメージのアップグレードとなる。Arm向けSUSE Linux Enterpriseカーネルを利用したOSで、企業にRaspbian OSに代わる選択肢を提供するものだ。

 SLES SP2 Raspberry Piイメージは、Raspberry Piの無線ネットワーク及びBluetoothをサポートする初の主要な64ビットOSとなることから、当時Raspberry Piを率いるEben Upton氏はSUSEの実験的なリリースを歓迎していた。

 SLES 12 SP3は、Raspberry Piイメージをフルで商用サポートする初の主要なベンダーのディストリビューションとなることから、Upton氏はこれを喜び次のようにコメントしている。「2年前はダウンロードできるイメージをコミュニティのサポートのある状態で提供するだけだったが、今回SUSEは12×5または24×7のサポートを提供するようになった。すべて同じSUSE Linuxをベースとし、Raspberry Piからメインフレームまですべてで利用できるものとなっている」

 新しいSUSE Raspberry Piのイメージは、「Raspberry Pi 3 Model B」をターゲットにしている。SUSEは新しい「Raspberry Pi 3 Model B+」のサポートを計画しているという。

 新版では、いくつかのアップデートや修正も含まれている。SUSEによると、コンパイラやデバッグツールの調整などによりイメージのサイズを約630MBと小さくした一方で、このArm OSをIoTタスク向けに整えたという。

 このイメージは、Raspberry PiのWi-Fi、HDMI、Ethernet、GPIOなどの組み込みのI/Oをサポートする。だが、オーディオ、Raspberry Piタッチスクリーン、カメラなどの機能は使用できない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]