日本オラクル、AI機能をクラウドERPでも提供スタート

ZDNET Japan Staff

2018-04-04 14:48

 日本オラクルは4月4日、経理・財務領域で人工知能(AI)を活用するための「Oracle Adaptive Intelligent Applications for Enterprise Resource Planning(ERP)」を発表した。既存のERP Cloud suiteの機能を強化するとしている。

 オラクルは、2017年から各種業務アプリケーションでAIを利用するための「Adaptive Intelligence」を提供し、顧客体験管理の「Customer Experience Cloud」などでは既に利用できる。Adaptive Intelligenceは、サードパーティーを含む約50億の企業や消費者のIDと7兆5000億以上のポイントを持つ「Oracle Data Cloud」で集めたデータをAIで利用するためのプラットフォーム。

 同社は、Adaptive IntelligenceをERPに適用することで、売掛・買掛や調達、決算などに関する業務の改善や自動化を通じた人的ミスの削減、リスクなどの予測精度の向上、意思決定の迅速化といった広範な効果を財務・経理部門に提供するという。

 一例として、全国展開するある大手小売業の財務部門が、ERPでAdaptive Intelligenceを利用した場合、購入履歴や売上比率、割引率などのサプライヤー関連情報と、信用情報といったサードパーティーが提供企業属性のデータを組み合わせ、納入品質を維持しながらサプライヤー単位での取引の最適化を図れると説明している。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]