編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

量子コンピュータでユーザーイベント--IBMが女性限定で - (page 2)

阿久津良和

2018-04-09 07:30

 現在の量子コンピュータを取り巻く状況として、walker氏は「デジタル」「アナログ」の2種類に分類した。アナログは2つの配位状態をとる格子点から構成され、最隣接する格子点のみの相互作用を考慮する「イジング模型」を用いて各量子ビット間の相互作用を計算。

 トンネル効果を利用してエネルギーが最小になる状態へとたどり着くことで最適解を得る「量子アニーリング(焼きなまし)方式」と、レーザーネットワークを用いてイジング模型を模した状態を作り出して計算を行うため、すべての量子ビットと相互作用可能な「量子ニューラルネットワーク」を含む。

 だが、同氏はデジタルに分類する「量子ゲート方式」を推奨した。こちらは古典コンピュータに類似し、量子ゲートの組み合わせに応じて汎用的な量子計算の実現を目指す、量子コンピュータ黎明期から存在する手法である。「(IBM Qは)現在50量子ビットまで実現している。MicrosoftやGoogleなど多くのベンダーが参入し、ちょうど先日は日立製作所が実用化研究を発表した」(walker氏)と個人的見解を示した。

 ハンズオンでは重ね合わせを実現する「アダマールゲート」や、「|0>」「1>」間の位相差を変化させる「位相反転ゲート」、目標量子ビットを入れ替える「CCNOT(トフォリ)ゲート」をIBM Q Experienceを通じて、量子コンピュータを多くの女性が体験。スタッフの説明を耳にしながら、皆真剣にIBM Q Experienceを操作し、静かに歓声をあげる女性もいれば、黙々とディスプレイに集中する女性など、それぞれのスタイルで量子コンピュータの仕組みを学んでいた。

 Bluemix Girls Groupの中野秀子氏は、「女性ならではのテーマとITをつなげる」とイベントの趣旨を説明。現時点の量子コンピュータは専門技術者が一般の技術者への平易化を進めている段階だが、今後誰しもが気軽に扱える世界が訪れるだろう。そのような風景を垣間見せたイベントだった。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]