海外コメンタリー

クラウド化の第2波はミッションクリティカルなシステムに訪れる--Virtustream - (page 3)

Colin Barker (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子 2018年04月13日 06時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

--その例を挙げてもらえませんか?

 われわれのクラウドノードは、一般的なクラウドのアーキテクチャとはかなり違った設計とアーキテクチャに基づいています。どちらかというと、企業における一般的なプライベートデータセンターにあるものに似ています。

 例えば、論理ゾーンにおける隔離にはユニークな手法を採用しています。こういったものは、ミッションクリティカルなワークロードにおける厳格なセキュリティやコンプライアンス要求を保証するうえで必要となります。

 また、これらワークロードの持つ基本的要求を満足させるための情報の設計図というべきものも存在しています。

 まず、セキュリティのコンプライアンスがあります。他にも、アプリケーションのパフォーマンス保証があります。ミッションクリティカルなワークロードでは、パフォーマンスの低下など許されません。これは選択肢としてあり得ないのです。

 こういったアプリケーションをクラウドに移行した際には、パフォーマンスを保証するために、クラウドのリソースを管理する必要があります。これはコンピュート能力やストレージ、メモリの利用可能性を管理するとともに、それらリソースがアプリケーションのさまざまな部分において、利用可能性を保証したかたちで提供されることを保証するという意味を持っています。この部分でわれわれの核となる知的財産が活用できるのです。

--そういったことを初期の段階で行ったのですね?

 その通りです。それが会社の基礎となっています。先ほど述べた通り、この会社はそういったユースケースにおけるエンジニアリング上の問題に取り組むために設立されたのです。

 このような問題のソリューションの1つとして、われわれは「Virtustream MicroVM」と呼ぶ知的財産を生み出しました。これは本質的に、ネットワーキングとストレージ、コンピュートと帯域幅という、システムが要求する4つのリソースを組み合わせた基本単位です。

 これら4つのリソースを組み合わせ、このように非常に粒度の細かい尺度を定義すれば、基本的にはあらゆるワークロードのリソース要求をリアルタイムで細分化できるようになります。

 この利点の1つとして、ワークロードの消費パターンが緊密なかたちで監視できるようになります。さらに、われわれは非常に知的な監視テクニックを使用しています。これによって任意の時点で(つまり、利用の急峻(きゅうしゅん)な増加などが起こった場合でも)、ワークロードが4つのリソースに対してどのような量の要求をしたとしても、常にきめ細かい対応が可能になるのです。

 これは非常に複雑に聞こえますが、非常に洗練されてもいます。その結果、クラウド上で実行しているワークロードに対して必要なリソースが常に提供されるのです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SpecialPR

連載

CIO
“真FinTech” 地域金融の行方
教育IT“本格始動”
月刊 Windows 10移行の心・技・体
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
セキュリティ
セキュリティインシデント対応の現場
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
スペシャル
デジタル時代を支える顧客接点改革
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
エンタープライズトレンドの読み方
10の事情
座談会@ZDNet
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]