米ZDNet編集長Larryの独り言

Facebook騒動の動向とGDPR、データプライバシー問題の行方

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎 2018年04月10日 17時38分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebookの最高経営責任者(CEO)Mark Zuckerberg氏は、米国時間4月4日にメディアの前で同社の情報プライバシー問題について詳しく説明し、同社の責任を認めた。最高執行責任者(COO)のSheryl Sandberg氏も、その次の日にインタビューに応じ、安全性への投資が不十分だったと語っている。しかし本当に重要なのは、情報プライバシーの問題では欧州は進んでいると同氏が言及したことかもしれない。

 Cambridge Analyticaについての連日の報道や、Facebookのプライバシー設定やデータ共有に関する度重なる変更、間近に迫っている欧州の一般データ保護規則(GDPR)の施行なども併せ考えれば、ユーザーの個人情報の利用に関する状況が変化しつつあることは明らかだ。

 またSandberg氏はBloombergに対して、Facebookの広告主の一部が広告の出稿を一時取りやめたとも述べている。これは、変化に対する経済的なインセンティブも生じていることを意味する。

 実のところ、変化する以外の選択肢は残されていない。また、大局的な視点も失ってはならない。今回のFacebookの騒動は、顧客情報の管理、コントロール、共有のあり方を揺さぶっており、あらゆる企業がその影響を受けることになるだろう。なぜなら、あらゆるビジネスの中核は顧客情報だからだ。

 思案すべき項目をいくつか挙げてみよう。

 プライバシーとデータ共有については、欧州の規制が世界の規範となる。GDPRはEUの一規制にすぎないが、すべての多国籍企業はこれに従う必要がある。企業は5月25日の施行日に向けて対応を急いでいるが(Facebookのプライバシー設定の変更は、実際にはこれが理由だ)、GDPRには不明瞭な部分もあり、施行日以降も企業の対応は続くだろう。

 米国が情報プライバシーの分野を先導することにならない。Zuckerberg氏は米国時間4月10~11日に米議会公聴会に出席する。連邦議会で同氏に対する質疑が行われるが、結局のところ、法制面での変更はほとんどないかもしれない。消費者も、情報プライバシー権を強く要求しているわけではない。ユーザーはFacebookを日常的に使うことに満足し、今後もあらゆる情報を提供し、操作され続けるだろう。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算