米ZDNet編集長Larryの独り言

SAPが間接アクセスの増加に対応した新料金モデル発表--その要点は

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎 2018年04月17日 06時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 SAPは、IoT(モノのインターネット)や自動化されたプロセスからのシステムの利用が増えていることを受けて、人間による直接的なアクセスと、システムからの間接的なアクセスを区別して課金する、新たな料金体系を発表した。

 現段階では、今回の料金改定が個々の顧客に与える具体的な影響は明らかではない。顧客企業が新料金の影響について理解するには、今後、自社の利用状況や、SAPのERPプラットフォームに対する直接アクセスと間接アクセスの比率などについて分析する必要があるだろう。従来のSAPの料金体系では、デジタルアクセス(Salesforceなどのサードパーティーシステムを介した、検証や計算処理、情報交換などを含む)も人間による直接アクセスと同様に扱われて課金されており、利用量とドキュメントの種類に基づいて課金される新料金体系への移行は、ユーザーにとって有利に働く可能性がある。

SAP

 それに加えSAPは、ライセンスの営業部門と、ライセンスの監査・コンプライアンスを実施する部門を分離する。これらの機能が分離されたことで、顧客企業が、従来のSAPとの契約を近年のデジタルビジネスのあり方とすり合わせるのは楽になるはずだ。従量課金の料金体系が導入されれば、利用量も明確に見えるようになり、(少なくとも理論的には)SAPのライセンス監査によるトラブルも減ると見られる。

 以下では、今回の新料金体系の導入に関する主要な論点とその意味についてまとめてみよう。

 SAPの狙いは?SAPが何カ月もかけて料金体系の改定作業を進めてきたのは、同社の最高経営責任者(CEO)Bill McDermott氏が2017年にも説明していた、顧客の信頼を獲得する取り組みの一環だ。同氏は2017年の「Sapphire Now」で、間接アクセスのライセンスに対する顧客の不満について言及している。今回の取り組みは、料金やデジタルビジネスでの利用モデルに関する顧客の不満を解消しようとするものだ。

 SAPは、同社のソフトウェアに対する(人間による直接アクセスではない)システムからのアクセスが増加している状況を受けて、料金体系を変更せざるを得なかった。IoT(モノのインターネット)やボット、クラウドシステムなどを介した間接アクセスは、トランザクションやシステムで処理されるドキュメントを元にライセンスされ、課金されることになる。この従量課金のアプローチは、従来の料金体系よりも合理的だ。

 影響を受けるソフトウェアは?SAPの新しい料金体系は、「SAP S/4HANA」「SAP S/4HANA Cloud」「SAP ERP」に適用される。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算