編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

インテル、シリコンレベルのセキュリティソリューション発表

Charlie Osborne (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2018-04-18 13:25

 Intelは米国時間4月16日、サンフランシスコで開催中の「RSA Conference 2018」で、2種類のサイバーセキュリティソリューション「Intel Threat Detection Technology(TDT)」と「Intel Security Essentials」を発表した

 Intel Threat Detection Technology(TDT)は、シリコンレベルで保護するために設計したソリューションだ。TDTはハードウェアレベルでテレメトリ技術を用い、サイバー脅威やエクスプロイトの検知を改善する。

 Intelによると、TDTは2種類の主要な機能により企業が「新しい種類の脅威を検出」するのを支援するという。

 1つ目は「Accelerated Memory Scanning」で、メモリベースの攻撃を検出するためのスキャンプロセスをCPUからGPUにシフトさせた。これにより、スキャンを改善し、マシンの性能への負荷と電力消費を削減できるという。早期テストでは、サイバー脅威スキャンのためのCPUの使用が20%から約2%に減少したとIntelは述べている。Microsoftは、Accelerated Memory Scanningを「Windows Defender Advanced Threat Protection(ATP)」のウイルス対策ソリューションに統合する計画だ。

 2つ目は「Advanced Platform Telemetry」で、「プラットフォームテレメトリに機械学習アルゴリズムを組み合わせることで、高度な脅威の検出を改善すると同時に、誤検知を減らし性能に与える影響を最小にする」とIntelは説明している。

 Ciscoは、データセンターとクラウドセキュリティ保護のプラットフォーム「Cisco Tetration」でAdvanced Platform Telemetryの統合を実現する。

 Intel Security Essentialsのソリューションは、Intel「Core」「Xeon」「Atom」の各プロセッサシリーズでの「信頼の基点(root-of-trust)」を実現するハードウェア保護機能を含むツールセットだ。セキュアブート、データや鍵などのデジタル資産を守るハードウェア保護といった機能があるという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]