編集部からのお知らせ
記事まとめ集:コロナ禍に小売業はどう対応?
テレワーク関連記事一覧はこちら
日本株展望

業績相場が再始動?--決算発表が相場反発のカタリストに

ZDNet Japan Staff

2018-04-20 10:40

今日のポイント

  1. 米国株式は業績堅調をあらためて材料視する相場に
  2. 米国の1~3月期決算発表は大幅増益でスタート
  3. 国内株式も業績トレンドを見直す動きとなるか

 これら3点について、楽天証券経済研究所チーフグローバルストラテジストの香川睦氏の見解を紹介する。

米国株式は業績堅調をあらためて材料視する相場に

 今週も日米株式は下値を切り上げる展開となった。米国市場では4月の株価堅調でダウ平均の月初来騰落率は+2.7%、S&P500指数は同+2.6%、ナスダック総合指数は同+3.3%となり、年初来騰落率もそれぞれプラスに転じた。特に、3月12日に高値を付けた後に急落したナスダック総合指数は下落幅の半分以上を取り戻し、「半値戻しは全値戻し」との格言を期待させる反発を見せている。国内市場でも日経平均株価は13日以来5日続伸し、月初来騰落率は+3.4%となっている(19日終値)。

 米中貿易摩擦、地政学リスク、日米首脳会談を巡る過度の不安が後退し、市場センチメントがリスクオン(選好)に転じたことと、為替が円高一巡感を鮮明にしていることが追い風である。1月から11週連続で日本株を売り越してきた外国人投資家は、3月下旬からは3週連続で日本株を買い越してきた(4月13日までの週/東証・投資主体別売買動向)。米国株が反発してきた主要因として「業績期待の再始動」が挙げられる。図表1は、S&P500指数の業績見通しを12カ月先予想EPS(市場予想平均)と13週移動平均を示したものだ。S&P500指数の予想EPSの前年同期比は20.0%増益、12カ月累計実績EPSに対しては同28.8%の大幅増益が見込まれている。

 2月以降の株価調整が一巡感を鮮明にするなか、株式市場の中期トレンドを形成するファンダメンタルズ(業績動向)が相場のカタリスト(きっかけ)となりそうである。

図表1:業績期待の復活が米国株の底入れ要因に


注:業績見通し=S&P500指数の12カ月先予想EPS(12 months forward looking EPS)<Bloomberg集計による市場予想平均>
出所: Bloombergのデータより楽天証券経済研究所作成(2018年4月18日)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    アンケート調査で分かった日本企業のIT活用課題、迫りくる「2025年の崖」克服の救世主とは?

  2. 経営

    セールスエクスペリエンスを向上させる鍵「パイプライン管理と予測」を知る

  3. セキュリティ

    3つの側面に注目! 安全なテレワークを実現するセキュリティの勘どころ

  4. クラウドコンピューティング

    データドリブン企業がこぞって採用する「クラウド向けに構築された唯一のDWH」

  5. セキュリティ

    「我が社のシステムはどのくらい安全なのか」と役員に問われたら?--「リスクベースの脆弱性管理」の基本

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]