調査

IoT開発者が選ぶクラウドサービス、「AWS」や「Azure」が優勢--Eclipse

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎 2018年04月24日 06時45分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Eclipse Foundationが開発者を対象に実施した調査で、モノのインターネット(IoT)のプラットフォームに関しては、「Google Cloud Platform」が微減している一方で、「Amazon Web Services(AWS)」と「Microsoft Azure」はどちらもかなりシェアを増やしていることが明らかになった。

 Eclipse Foundationが実施した、IoT開発者を対象とする4回目の年次調査では、開発者の51.8%が、IoTソリューションの実装に使用中または使用予定のクラウドプラットフォームにAWSを挙げており、Microsoft Azureが31.2%でそれに続いた。Google Cloud Platformは、2017年に比べ微減の18.79%だった。開発者は複数のクラウドプラットフォームを使用していることも多いため、回答の合計は100%にならないことに注意してほしい。2017年には調査対象外だった「Kubernetes」は、2018年に17.2%となった。

 Eclipse FoundationのエグゼクティブディレクターMike Milinkovich氏は、「IoTでは明らかにクラウドの利用が増えており、AWSやAzureの利用が増加していることで分かるとおり、パブリッククラウドを利用するのが主流のシナリオになっている」と述べている。

 全体像については次のグラフを見てほしい。


 このグラフでもう1つ注目に値するのは、プライベートクラウド・オンプレミスでのIoT展開が、パブリッククラウドプラットフォームと比べて劣勢になっていることだ。Eclipse IoTのプログラムマネージャー兼エバンジェリストのBenjamin Cabe氏は、オンプレミスとパブリッククラウドに関する数字を解釈するには、いくつか微妙な点を考慮する必要があると述べている。例えば、開発者コミュニティーで利用が急増したKubernetesは、オンプレミスで使われている可能性も、クラウドで使われている可能性もある。また「OpenStack」も健闘しているが、これもクラウドでもオンプレミスでも展開できる。

 2018年の8位以下も含めたグラフは以下の通り。ひょっとすると、このスライドでもっとも重要なポイントは、GEの「Predix」が主流から外れたことかもしれない。2017年の調査では、PredixはIoTの導入事例の5.17%で利用されていた。ところが2018年の調査では、2.1%になっている。


 当然のことではあるが、Eclipseの調査ではオープンソースが有利になる傾向があるようだ。502人が回答したこの調査では、IoT開発者がやりたがっていることや、どのようなデータが収集されているか、現在もっともよく使われているツールは何か、などのことも明らかになった。

 以下では、調査結果のポイントを列挙する。

  • もっともよく収集されているデータの種類は時系列データであり、それにデバイス情報とログ情報が続く。
  • IoTに関する懸念事項としては、セキュリティ、データの収集およびアナリティクス、接続性、ハードウェアの統合が関心を集めている。
  • 構築しているシステムがどの産業向けのものかという質問に対しては、もっとも多かったのはIoTプラットフォームであり、ホームオートメーションと、産業オートメーションがそれに続いた。さらにスマートシティ、電力管理、農業と続く。
  • IoTでもっともよく使われているOS・Linuxディストリビューションは、「Raspbian」「Ubuntu」「Debian」だった。回答者の71.8%がIoTデバイスでLinuxを使っていた。
  • IoTでもっともよく使われているプログラミング言語はJavaだった。Milinkovich氏は、IoTに使うプログラミング言語にはあまりしゃれたものは向かず、多くの場合古典的なものが使われると指摘している。同氏は、「IoTで新しいプログラミングを使うべき説得力のある理由はない」と述べている。「ゲートウェイやクラウドを扱おうとすれば、開発者が今持っているスキルセットを考えることになる。新しいものを取り込んでもあまり役には立たない」

  • IoTソリューションの構築に使うプログラミング言語

    IoTについて懸念していること
  • IoTのデータベースではMySQLがもっとも優勢だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]