編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

「SAP Digital Manufacturing Cloud」発表--製造業などのクラウド活用支援

Steve Ranger (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2018-04-24 12:31

 SAPは、メーカーがクラウドコンピューティングとIoT(モノのインターネット)を利用して、システムの管理と監視や、サプライチェーンのそのほかの企業との連携を容易に行える新しい製品スイート「SAP Digital Manufacturing Cloud」を発表した。

 SAPの新しい製品スイートには、生産現場と業務システムを統合し、部品および材料レベルの可視化を可能にする「SAP Digital Manufacturing Cloud for execution」と、データ主導型の性能管理に重点を置いた「SAP Digital Manufacturing Cloud for insights」が含まれる。また「Predictive quality」サービスにより、メーカーは予測的アルゴリズムを適用して、欠陥品、不良品などによる損失を低減できるほか、提案された修正措置を取ることができる。

 またSAPは、クラウドベースの協業プラットフォームである「Manufacturing network」も発表した。これは「SAP Ariba」に統合されており、顧客を3DプリンティングやCNCプリンティングなどの製造サービスプロバイダーや材料プロバイダーとつなぐことで、設計から部品生産まで、製造プロセス全体での協業を可能にする。

 SAPのシステムにより、メーカーは設計での協力、変更箇所の提示、代替法の提案などが可能になる。また、設計に関する議論やデータを見積もり依頼に関連づけられるほか、1社もしくは複数のサプライヤーから部品の見積もりを取り、購入プロセスを開始できる。

 SAP SE Products & InnovationのエグゼクティブボードメンバーであるBernd Leukert氏は、次のように述べている。「当社の製造業向けクラウドソリューションは、顧客が産業用IoTを活用できるように支援するもので、広範なデジタルサプライチェーン全体で機器、人間、業務をつなぎ、製造と事業運営の緊密な統合を可能にする」

 SAPはほかにも、「Connected Worker Safety」サービスを発表した。ウェアラブル機器やセンサが収集したデータを利用して、作業者の安全を確保するものだ。センサを用いて、心拍数、体温、空気品質、気温、照明、騒音などの作業環境や作業者に関するデータを収集する。センサの利用によって、墜落、傷害、脱水、疲労など、作業員に関する警報を発することができる。同サービスは、2018年第2四半期のリリースを予定している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]