企業買収

オラクル、マーケティングテクノロジ企業Grapeshotを買収へ

Natalie Gagliordi (ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2018-04-25 10:39

 Oracleは米国時間4月24日、「ブランドセーフティ」をマーケターらに提供するプラットフォームを手がけるGrapeshotを買収することで合意したと発表した。金銭的条件は明らかにされていない。

 Grapeshotの中核プラットフォームは、コンテクスチュアルインテリジェンスシステムだとされており、ニュース速報やトレンドとなっている話題を含む適切なコンテキストをリアルタイムでターゲットにすることで、オーディエンスリーチの成長を促すというものだ。また同プラットフォームは、ブランドセーフティと呼ばれる分野も対象とするようになっており、ブランドに傷を付けかねないオンラインコンテンツとともに広告が表示されないようにするうえでマーケターらを支援するという。

 Oracleによると、Grapeshotは世界の約5000人のマーケターとともに仕事をしており、プログラマティックな広告におけるおよそ380億にのぼるインプレッションを網羅しているという。また、前年比で100%を「はるかに超える」成長率を記録しているという。

 OracleはGrapeshotを、「Oracle Data Cloud」の顧客オーディエンスセグメントを補完し、マーケターらにさまざまなツールを提供するOracleのオーディエンスおよび測定製品を強化する存在と位置付けている。

 Grapeshotの製品は今回の買収が完了した後、Oracleが2017年に買収した広告測定企業Moatの製品とともにOracle Data Cloudを強化することになる。Grapeshotは当面の間、既存の顧客やパートナーと直接連携し続ける予定だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]