編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ
日本株展望

円高から円安にトレンド変わった?--ドル円を動かす3大要素とは

ZDNet Japan Staff

2018-04-25 10:43

今日のポイント

  1. 円安が進む4つの理由
  2. ドル円を動かす3大要素、一番重要なのは「日米金利差」
  3. 日米金利差(2年金利)で動くドル円為替レート
  4. 政治が為替を動かす重要な要因となりつつある
  5. 為替は円高・円安どちらへ進むか

 これら4点について、楽天証券経済研究所長兼チーフストラテジストの窪田真之氏の見解を紹介する。

円安が進む4つの理由

 4月25日の東京市場で一時1ドル108.92円まで円安が進んだ。3月23日に一時1ドル104.63円を付けたのが円高のピークでそこから円安に転じている。

ドル円為替レート推移:2017年12月1日~2018年4月23日

ドル円為替レート推移
注:楽天証券経済研究所が作成

 円高から円安にトレンドが変わったのに4つの理由がある。

  1. 米長期金利が再び3%に迫る→日米金利差拡大でドル買い需要が増える
  2. 貿易摩擦の懸念がやや後退→米国から円安批判が出る可能性がやや低下
  3. 世界的な株安が一巡→株安局面で安全資産として買われた「円」が株反発で売られる
  4. 東アジアの地政学リスクがやや低下→北朝鮮が核実験・大陸間弾道ミサイル(ICBM)実験をやめると表明

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]