編集部からのお知らせ
新着:記事選集「エッジコンピューティング」
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」

AI活用で人事業務を高度化--日本オラクル、「HCM Cloud」のAI機能強化

藤本和彦 (編集部)

2018-04-26 07:00

 日本オラクルは4月25日、人材管理SaaS「Oracle Human Capital Management(HCM) Cloud」に関する記者会見を開いた。人工知能(AI)に対応した「Oracle Adaptive Intelligent(AI) Apps」を順次追加していくことで、企業における人事業務の効率化・高度化を支援する。

原智宏氏
日本オラクル 執行役員 クラウド・アプリケーション事業統括 ソリューション・プロダクト本部 本部長 原智宏氏

 同社は、「Adaptive Intelligent」を特定の業務目的に特化したAIとして開発、他社のAI戦略との差別化を図っている。ユーザー企業が保有するファーストパーティーデータに加えて、匿名化されたサードパーティーデータも活用し、ビジネスに直結したアウトプットを提供するとしている。

 HCM Cloudは、人材の採用、評価、報酬、配置、育成といった人事業務プロセスを包括的に支援するクラウドサービス。業務プロセスの各所にAI機能を組み込むことで、従業員の離職リスクを予測したり、報酬が不適切な従業員を発見して昇格・昇給を推奨したり、将来のパフォーマンスと退職リスクを予測したりといったことが可能となる。

 例えば、従業員の過去の実績に基づいて退職リスクを予測し、それをもとに昇格や昇給といったアクションにつなげることができる。また、一般社員に対しては、自らのプロファイルや職務経歴、評価履歴、キャリア志向などに応じて研修の受講などがリコメンドされる。

 本稿執筆時点では、「スキルギャップと離職リスクの予測」「将来のパフォーマンス、退職リスクの予測」「従業員に最適な職種やメンターの推奨」「キャリアパスと現状のスキルレベルを加味して最適な研修の推奨」の4種類の機能が利用可能となっている。今後1年程度を掛けてAI機能を拡充させるとしている。

追加が予定されているAI機能群
追加が予定されているAI機能群

 記者会見では、採用業務へのAI活用が紹介された。求職者が求人情報や採用プロセスについての疑問をチャットボットに質問してリアルタイムに回答を得たり、採用ページへの来訪者が何に興味を持っているかを認識して動的にコンテンツを提示したりといった使い方ができる。また、採用における給与交渉などの条件提示の成功確率を計算し、交渉を成功させるためにはどのような追加策が効果的なのかを提示することも可能だ。

チャットボット活用例
採用ページでのチャットボット活用例。採用担当者の労力を削減し、求職者はタイムリーに情報を得られるというメリットがある。

 フランスの保険大手であるAXAグループがHCM Cloudの段階的導入を決めた。2020年の導入完了を目指している。人事、採用、入社後に職場に慣れさせるためのオンボード、キャリア、目標、評価の各機能を採用し、世界各国の従業員が日常的にシステムを利用する。

 各国の文化や状況に合わせて段階的に導入することを決めた。人材管理システムをグローバルで一元化することで、グループ全体の横断的な人事業務を可能にする。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]